• ABOUT
  • WORKS
  • ORDER
  • PRODUCTS
  • BLOG
  • ACCESS
  • CONTACT

カテゴリー別アーカイブ: Diary

なるとオレンジ ② O.O.O.

伐採後雨にさらされてしまった幹や枝はどこを割ってもグレーの木肌、それなりに味わいがあると言えなくはないが、Old nalutO Orange  O.O.O. !古色を帯びて今回予定した使い道には少し清潔感が足りない。そこで思い切って色を抜いてみた、出来たのはお皿です。

 

試行錯誤中を理解の上でイタリアンレストランcenciさんで使い始めてもらっています。様子を尋ねると、「いい感じですよ!!」との事。どのタイミングでテーブルの上に出て来るかどうぞ京都へ食事にお出掛けください。

 

各種、継続して作ります。

IMG_1754

IMG_1755

P1160329

P1160323

P1160340

 

P1160243

P1160306

P1160276

P1160313

P1160317

P1160315

P1160307

P1160304

 

カテゴリー: Diary | なるとオレンジ ② O.O.O. はコメントを受け付けていません。

デスクワーク 〜

今までに形にしたことが無い物を作る我々の仕事では、卓上でスケッチや図面を描いて平面、二次元で考えることは必要な作業で、制作の取り掛かりには欠かせません。しかしそれだけでは本番の作業に取り掛かれず迷うときは、1/10程度の模型を作ります。木を削るとは言え椅子に座ってデスクワーク、2時間ほど集中すると完成品の感じがつかめるのです。さて、今回は以前に作ったコートハンガーの3本仕様、依頼者の方も制作者もハンガーになる3本を並列にして壁に向かわせるか、5本仕様と同じように円の中心に向き合わせるか、迷っています。迷うという事はどちらも良いと考えています(制作者)。並列の仕様は同じ曲線がくり返し並ぶ綺麗さがあって前回と違う新鮮さもあって良し、後者の方は、5本に比べ寂しくなるかと感じながら模型にしてみたところ、それぞれのハンガーの線が全方向よく見える間ができ良いなと感じます。置く場所を変えられるのもこちらの利点です。

 

ほぼこの記事を書き終えたところで連絡が入り、後者の円の中心に向かう自立式の方になりました、制作スタートです。

 

P1160388

 

P1160401

カテゴリー: Diary | デスクワーク 〜 はコメントを受け付けていません。

なるとオレンジ ①

「なるとオレンジ」は淡路島原産の柑橘だそうで、300年程前に原種が見つかって栽培が続けられてきたそうですが、今では作る人が随分減ってしまったようです。それは少し皮が厚く、種も多いこの柑橘は様々な食べ易い果物が流通している今、人気者とはなかなか行かないことがざっくりとした理由でしょう。我が家から5分ほどの同じ五色町鮎原にその果樹園のひとつ森果樹園×ツギキがあり代々受け継がれてきた果樹を若い夫婦が手入れをし園を切り盛りしています。山の斜面には沢山のなるとオレンジの樹があり、一番古いもので130年くらい、主力に実をたわわにつけている樹は80年くらいの樹齢だとか、若い樹もあります。何度か訪ねた冬場から4月頃まで緑色の葉の合間に実ったオレンジの色が見える時期の景観はなんとも心落ち着くものがありました。もちろん実も食べたことはありますが、私は味が好きですね、香りがいいし、品種改良をしてないというだけに、ワイルドさもあり味わい深い。実を絞ってジュースにしても美味しかった。

 

IMG_0078_MG_1468

 

立枯れしたり、管理の為に剪定した幹や枝は使い道も無く果樹園に置かれていましたが、何かにしてみようかという話から森さんとその友人にひとつ小さな依頼を受けました。それは太めの枝が一本あれば十分なところ、積み始めるとトラック一杯になってしまうものです・・。しかし何本か割ってみても昨シーズンに切られていたものは中まで水もしみて、虫も入り、木工材料としては美味しい味を連想するフレッシュ感はありません。概ね来年冬のストーブ用の薪かなと諦めていたところ、また別な依頼に対してアイデアが出ました。フルーツウッドの中でも珍しいしもの、積極的手法で使いたいものですね。

 

IMG_0047P1160273

IMG_1751

IMG_1737

カテゴリー: Diary | なるとオレンジ ① はコメントを受け付けていません。

チカバノゾウキ ②

「近場の雑木」今回は自前の機械で割るには少々大きめのものを同じ町内の製材所、山中商店さんで板にしてもらった。テーブルに出来るような大径木では無いものの、立ち木を切り倒した場所を知っている材はいつもと又違った制作意欲が湧くというもの。しばらく桟積みして乾かしてみよう。ヤマモモ、シイノキ、ハゼ、ハテ?樹種名が分からないものもまだある。産地は洲本市五色町鮎原西、鮎原田処。

 

P1160187

P1160182

P1160205

P1160206

P1160214

P1160219

P1160224

カテゴリー: Diary | チカバノゾウキ ② はコメントを受け付けていません。

feat. RUI

先日オープンのお知らせをした神戸の子供服「Si Tu Veux」さんのハンガーラックはシンプルな鉄のフレームに木の重し、発想はこのお店のオーナーのお嬢さん、板坂留五さんに依るもの。彼女は今年、東京藝大・建築専攻の修士課程を卒業して設計の仕事を始めた駆け出しの建築家。Si Tu Veuxさんの移転先の内装設計を手がける過程で、新調するハンガーラックの原案を持ってうちの工房に訪ねて来られました。

「鉄の棒で組んだものを木の重しで倒れないようにしたいのです」

なるほど、私は直ぐにコレだと思ったのが今工房の内外に転がしている丸太や枝の切れ端。

「こんなのはどうかな」二、三の例を提示すると思っていたものとは違うようだけど完成形のイメージは膨らんだようで

「丸太の縦置き横置きなどでそれぞれ違ったものを作りたいです」とその場で方向性は決まり、後日2回目の打ち合わせでは先に徳島の川口さんに作ってもらった鉄のフレームと私が少し多めに用意した丸太や枝の材料に対し、

「これとこれの組み合わせ」「長さはここで切りましょう」「これは少し切る比率を変えて」「これは半割」・・と小気味良いレスポンスで打ち合わせ出来て完成したのが写真のハンガーラック。彼女からの提案なのでこの書き方はいかがかと思いますが、集め始めた「淡路島の木」の一つの形という視点にすると『Featuing RUI/フィーチャリング ルイ』良いもの面白いものが出来ました。お店でのディスプレイも楽しそうです。

 

31781868_1710579335685533_4137547132464791552_o

P1160166

31770207_1710579615685505_3461150497002487808_o

P1160157

Si Tu Veux は三ノ宮の日本真珠会館 1F

P1160145

DSC_0101

DSC_0103

DSC_0121

DSC_0128

DSC_0136

DSC_0143

DSC_0154

DSC_0158

DSC_0115

P1150937

P1150901

 

カテゴリー: Diary | feat. RUI はコメントを受け付けていません。

チカバノゾウキ

「近場の雑木」を集めて割ってみた。虫食いも、水が入ったものも気にせず中を見てみると、それぞれ立木姿からは分からない表情がある。ヤマモモ、クヌギ、ハゼ、ナルトオレンジ、シイ、エンジュ、ワカラナイ、まだ名前も性格も分からない木が多い。

 

P1160135

P1160141

P1150677

P1160130

P1160137

P1160121

P1160129

P1160110

カテゴリー: Diary | チカバノゾウキ はコメントを受け付けていません。

瀬戸内を望む南海荘

なかなか日程が合わず伺えなかった南海荘さん、昨日と今日二日で数時間ずつ作業してテーブルのメンテナンスを終えてきました。乾燥による木のひび割れが少し進んでいたので、埋め木をして塗装をし直して、またリフレッシュした天板となりました。欲を言えばカラッと晴れて空気の乾いている時の方が塗装作業にはいいのですが、明日の営業時間まで乾かしていただけば又気持ちよく使っていただけることと思います。雨風が強い日の海の景色は独特でダイナミック、ここへ向かう海岸線では潮をかぶったりしますが、晴天の日だけではなく、こんな日の海、空の色もいいものです。南海荘さんのエントランスの大きな窓からはいつも違う表情の瀬戸内の景色が望めます。

 

IMG_1640

カテゴリー: Diary | 瀬戸内を望む南海荘 はコメントを受け付けていません。

New C2 アームチェア

長らく休止していたC2アームチェア、作る方法を変えて、また若干の線の使い方や素材を変えて新たに製作しました。ゆったりと幅の広い座面と背は更にクッション性を考慮した内部材に変り座った時の心地良さをより感じていただけると思います。フレームの断面は四角の連続ですが、手に触れるアーム部分は当たりを優しく、シャープに見せたい他の部分は丸みを控えて、手加工の割合を増やす事でフレームの手触りなども座った時の心地良さに繋げたいと考えています。今回製作分はウォールナットoil仕上げのフレームに革はセミアニリン仕上げのキャメル色でしっとりとした上質感があります。張り作業は桧皮椅子店の桧皮さん、一部難しい箇所もあるこの椅子を上手く張り仕上げて頂きました。そして今週の納品に間に合い待機中、寸法、価格は又あらためて紹介いたします。

 

P1160045

P1150731

P1150733

P1150738

P1150749

P1150752

P1150754

P1150795

P1150797

P1150970

カテゴリー: Diary, Information | New C2 アームチェア はコメントを受け付けていません。

第一回ワークショップ終了しました

一昨日の日曜日、アトリエKIKAとしては初めてのワークショップを開催、無事参加者の怪我などもなく終了しました。感想は『楽しかった』と一言で書きたいです。私たち制作者はふだん作業場で、工房で、概ね皆難しい顔をして黙々と注文の品や作品作りに取り組んでいるのですが、時折大変だった工作の成功にニヤリとしたり、良い出来栄えにほくそ笑んだりしているのです。今回は屋外が会場だったという事もあり、参加者の皆さんは和やかに開放的に作業できたと思いますが、普段慣れない硬い木との格闘の時はかなり難しい顔で真剣になり黙々と作業していました、しかし脚を打ち込みもうすぐ形になる、そして完成!という時には満面の笑みになり、自作のスツールを愛でていたように思います。これは私たちからすると普段の仕事の短縮形、それを一日に何度も味わえて、何より皆さんとその感覚を共有できたことが良かった、楽しかったことなのです。こちらの自己満足ではなく参加された皆さんがそれぞれに、手を動かして、アイデアを盛り込んで自分でものを作った楽しさを味わってもらえたのではないかと思います。一つ目的は達成です。しかし初回故の不慣れ感もあり戸惑った方もおられたかもしれません、又もう一つ大きなテーマ「木はいいなぁ」は伝わったでしょうか。今後も内容の改善をしながら次回につづく。

 

 

朝11時を待ちきれず、少しフライング気味に開始時からにぎわいました! 天気も良し!

IMG_9169_preview

 

サンプルを見ながら さらに個性的に!

IMG_9172_preview

 

座面の革張り鋲打ちも難なくこなしました 見事でした!

IMG_9183_preview

 

 

完成品チェック 四角い栗板の座面が個性的です!

IMG_9190_preview

 

いい脚と座面の組み合わせ選びました、芸術家です ピース!

P1150587

 

淡路島からの参加ありがとうございました、鋲の打ち方にセンスあり!服とのコーディネイトも流石!

P1150589

 

三者三様 / 同じものは全くありませんでした みなさんの個性!

P1150586

 

ケヤキで凛としたスツールができました いいですね!

IMG_9167_preview

 

 

このワークショップの企画者浜仲氏 規格外を企て中!

IMG_1477

 

お母さんの頑張りにつられて 途中からますます興味が湧きました 塗装は僕にまかせて!

IMG_1491

 

6時間(最長)かけて二脚のスツールを仕上げ皆の拍手が湧きました お疲れ様でした!

P1150597 2

 

広告代理店の秋山さん、最後までどうもありがとうございました

焙煎士の向井さん、美味しいコーヒーとチョコどうもありがとうございました

ハワイから旧友の西堀くん、京都マラソン3時間9分で走った後、駆けつけ片ずけ搬出まで手伝ってくれてどうもありがとうございました(スーパーマン)

オスモの中務さん、協賛、応援、会場中に気配りしていただきどうもありがとうございました

徳島から鉄脚の川口さん、遠方から応援どうもありがとうございました

Noteの浜仲さん、今回のWSを全面的に企画、細部の事務諸々、どうもありがとうございました

子供の送迎の為早退して写真に写っていない妻共々、参加者の皆さん、協力いただいた皆さんにお礼申し上げます

ワークショップは更に良い形になるよう研究をして少しずつ続けて行きたいと考えています

 

P1150599

 

カテゴリー: Diary, Information | 第一回ワークショップ終了しました はコメントを受け付けていません。

淡路島 → 神戸 → ロンドン

デイベッドは無事完成し昨日納品完了となりました。届け先は神戸港のシッパーの梱包専門倉庫、この後厳重に梱包され船便でロンドンのお客様のもとに向かいます。木枠でしっかり固定され運ばれるのでしょうが、約一ヶ月の輸送期間、環境の変化に木部は何事もなく届くのか心配も少々、しかし面白いトライではあります。デザインはスタジオ・ドディチのトリーニ氏、海外向けにベッドのサイズは京間畳のサイズになっています。マットレスは今回のお客様マイケルの希望とのことで硬めでシャープに、それを綺麗に縫製して頂いたのは桧皮椅子店の桧皮さん、欅の木フレームと革マットレスはせいのっ、で同時スタートの製作でしたが寸法も枠内にジャスト!納まりました。

 

 

P1150401

P1150425

P1150420

P1150329

P1150320

P1150322

P1150325

P1150251

P1150262

カテゴリー: Diary | 淡路島 → 神戸 → ロンドン はコメントを受け付けていません。
FacebookPage Top