BLOG

ブログ

BLOG

 

積む、組む、同じ箇所は二つと無いが似たような一連の作業をしばらくは繰り返し続ける。更に上に登ればクライマーズハイも訪れるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-11-06 | Category: BLOG

 

積む DP – 16

2023-10-25

 

10kg以下のものから30kg前後もある様々な木のブロックを積む、これから約3m程の高さを目指して積み上げる。少し進むごとに障害も発見もある。計画し準備し、突発に起こる事に対応し、一箇所ごとに丁寧に手を施して一つ積む。密度ある時間の積み重ねでもある。

 

帰宅しテレビのニュースを見る度に、制作が進むのは私達にこの日々があるからであると切に思い、争いの無い平和を願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-10-25 | Category: BLOG, DIARY

 

 

いよいよ気候良し、部材に成型した雑木のブロックを組み合わせていく。そのもとの丸太は何処で育ったものか把握出来ていることも良く、立木姿を思い起こすことが出来る木も多い。概ね淡路島のそれほど広くない範囲から集めたものだから、全く系統の違う樹種が隣り合っても君たちはそれでいいのだと言える。まだ乾燥材と言えない水分を含んだ木は、これから積み上がっていくに連れて、押し合い、引き合い、支え合い、どう変化して行くかと想像力をかきたてられ、創作意欲となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

全体を支える最下部だけでも300kgを超えた。

 

2023-10-15 | Category: BLOG, DIARY

 

 

10月に入り、各部の制作をより具体的に進める。主になる木塊の部分以外にも、その繋がりを構成する部材の準備は欠かせない。間借りしている第2工房に模型も機械もドラフターも、ほか諸々も順次運び入れる。気候も良く、いよいよ木と自然と戯れる、作業を進めるにつれて真剣に愉しめる環境ができ制作への高揚感も増す。

 

 

 

 

淡路島桧を乾燥に出す準備をする。

 

天神さんの楠、大切な部位になる為の準備。

 

 

組み上げ準備。

 

 

 

2023-10-13 | Category: BLOG, DIARY

 

 

料理で言えば、まだまだ材料の仕込みの段階が続く。下ごしらえ、仕込みの段階がしっかりしていれば美味いものになるではないか。9月後半からまた3人体制で作業。向かう方向を理解して進めてくれる仲間の下ごしらえが有り難く、並行して積み上げる木の構成を頭で考える、体力も使う。

 

引き続き応援は、岡田家具創造堂の岡田さん、家具 zombi の石川さん、大型機械の使用・場所提供は淡路工舎の藤田さん / 感謝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-09-29 | Category: BLOG

 

 

一脚展+(プラス)2023 は9月18日をもって無事盛況のうちに会期を終了しました。

世の中の状況が昨年とは変わったことからか、国内外からの来場者が終始入り混じる会場の様子となり、会期中3,000人を超える方々に展示を観ていただくことが出来ました。

 

今年は 特別展の「一本の樹のものがたり」が会場の広い面積を占め、例年とは違うスタイルでの開催となりました。

この企画には約二年前から実行委員会の一人として関わり、樹の伐採や製材に立会い、乾燥工程を待ち、この樹の物語を想像し読み解き、一点の作品を制作したにとどまらず、思い入れの深い展示会となりました。

 

またこの企画は、六甲山材や丹波篠山材などの私たち(兵庫県の作家)の身近で育った樹に注目して制作に活用してきた、2019年からのプラス企画展の延長線上に位置ずけています。個人所有の一本の樹が役目を終えて伐られる事になった時も、私たちの近くで生命を育んできた大切なものとして向き合い、制作者が手を施すことによって様々な物になり、もう一度新たに役目が生まれるのです。この樹が立木として100年近く育ったものだとしたら、私たちが制作した物もそれくらいの年月、いえそれ以上に長く使われてほしいと願います。それはこの「一本の樹のものがたり」を想像力豊かに感じ、制作に取り組むことで成し得るのではないかと気付く機会となりました。

 

 

 

2023-09-20 | Category: BLOG, INFORMATION

 

 

木塊を組み上げていく水平で平滑な台/プラットフォームを大工さんに依頼し、どうせならと作業場の中央に据えた。重さの想定を伝えると予定以上にしっかりとしたものになった。先日は制作に協力してくれるメンバーとも打ち合わせをし、暑かった気候もそろそろ落ち着く、集めた木材との距離をもう一段階も二段階も縮めていきたい。

 

 

 

 

 

2023-09-17 | Category: BLOG

 

 

地域の氏神様である河上神社天満宮の神饌所(しんせんじょ)建て替えに伴い止む無く伐採された楠。処分場へ持ち込まれず保管されていたものを縁あって譲っていただいた。この木も今回の作品の重要な一部分にしたい。まだ材料になる木がどんなものか分からない時に描いたデザイン画とは随分形が違うが、目の前の形あるものを信じて進めて行きたい。今日は木の形を見えやすくする為に先ずは全体の皮をむいた。

 

 

 

2023-09-12 | Category: BLOG

 

 

約1ヶ月サウナのような人工乾燥機に入っていた木材が出てきた。すっかり整って、となれば後は何も心配ないが、今流行りの言葉のように木は簡単ではなく、割れは進み、捻れるところは捻れる。この木の塊から短期間で含水率を下げようとするので当然で、使い物にならないほど割れてしまったものもある。それでも乾いたのは表面だけだろう。しかし今後の方向性が見えて、カビ防止や、後から出てきてもらっては困る内部に潜んでいる虫対策にはなったとポジティブに捉えて荷下ろし、樹種分けにすすむ。

 

約 50℃に乾燥機内は保たれ、投入の最初と最後に蒸気が機内に回る。

 

 

 

2023-09-07 | Category: BLOG

 

 

来週末 9月2日(土曜日)から神戸・竹中大工道具館にて第13回 座る・くらべる一脚展+2023が開催されます。

今年のプラス企画は「一本の樹のものがたり」と題した特別展   会期は9月18日(月・祝)まで 入場無料 

 

役目を終えて伐られる一本の樹と、私たち15人の木工家との出会いから今回の企画は始まりました。企画を進める中で彼(樹)を擬人化して16人による作品展になったとも感じます。樹の一生も私たちのものと同様に、またそれ以上に長いものです。会場に並ぶこの樹から出来た作品に触れながら、「一本の樹のものがたり」の中へと入り空想を膨らませながらご覧ください。

 

 

アトリエKKA 北島は初日の9月2日(土)、15日(金)、18日(月・祝)に在廊予定をしています。会場でお待ちしています。

尚、私は今回特別展のみの出展となりますが、例年の新作椅子展は10名の出展者による力作が会場奥に並びます。

 

 

 

 

 

 

2023-08-25 | Category: BLOG, INFORMATION

 

桧 DP- ⑨

2023-08-17

 

「淡路島桧」という呼び名は無いかもしれないが、島内の山を気をつけて見ていると常緑広葉樹の多い中にも所々杉、桧、を見つけることができる。林業としてのものではなく、孫子が家を普請する時の為にと裏山などに植えられたものだ。今が使い時という樹齢のものも多い。しかし・・現代の状況でなかなか使われている例は目にしない。

JINOprojectを共にする設計事務所ヒラマツグミはこれらの針葉樹を使って「淡路島の家」を積極的に設計している。今年の初め、その家用に桧の山に伐採に入るとの事で、私も今回のプロジェクト用に数本使わせてもらうべく、伐採チームと共に山に入り、立木を見て、木口を見て、木を選んだ。

 

運搬、製材、皮むき、桟積み、自然乾燥、選別、(今後人工乾燥も)どの工程も関わり仲間の協力も得て使えそうなものとして進んでいる。別に集めた広葉樹(雑木)とは違った、真っ直ぐなものとして使いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023-08-17 | Category: BLOG

 

 

体調を整える為、墓参り、台風の接近もあり、3日ほど夏季休暇を取りました。とは言えちょっとした事務仕事から写真の整理などとなり。

 

今年の制作の刺激になるものを求めて2月に訪ねた小田原の江之浦測候所、ここは杉本博司氏が設計し収集したものが敷地全体に散りばめられている。計算ずくで配置されている物を巡り、思考が時空を超えるという心地よい感覚を持った。

 

(1枚目の写真は最寄り駅の根府川駅から太平洋を望む)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートとは何か、その表現すべき対象は何か、考えることのできる場所である。

 

 

2023-08-15 | Category: BLOG, DIARY

 

1 2 3 4 5 6 7 19